女性の永遠のテーマとも呼ばれるダイエット(diet)。
油断していると腹部にずっしりと脂肪が付いてしまったり、服がキツくて身につけれなくなってしまったり…。
そんな時、いち早く体型を元に戻そうと、女性達は必死になってダイエット(diet)に励みます。
ダイエット(diet)と聞くと、できる限り炭水化物を抜いて野菜中心の食習慣にするイメージが、あるのではないでしょうか。
特にサラダ(salad)を山盛りに食べる人が、多いかと思います。
一見、生野菜が、たっぷりと盛られたサラダ(salad)はヘルシーでダイエット(diet)に効果的なように見えますが、実はサラダ(salad)でも「太るサラダ(salad)」が、あるのです。
野菜は低カロリー(calorie)ですから太りません。
それは確かです。
しかし、そこにかける「ドレッシング(dressing)」により、太るサラダ(salad)になるか、ヘルシーなサラダ(salad)になるかが、変わります。
あなたはサラダ(salad)に脂肪分たっぷりのマヨネーズやシーザードレッシング(dressing)、ごまドレッシング(dressing)をかけていませんか?
これらはダイエット(diet)の味方であるはずのサラダ(salad)を敵にしてしまう、恐ろしい食品です。
これらをかけることにより、カロリー(calorie)が、何倍にも跳ね上が、ってしまいますし、摂取する油分も自ずと多くなります。
ドレッシング(dressing)に含まれる脂肪分のほとんどは「食用植物油脂」と記載されており、かなり酸化された状態なのでダイレクトに脂肪となってしまいます。
ダイエット(diet)で意識してサラダ(salad)を食べていても、それが、逆効果だったなんてこれほど悲しい話はありません。
痩せるためや健康のためにも、ドレッシング(dressing)は極力控えましょう。

ドレッシングのカロリーは?

あなたはダイエット(diet)に一度でも励んだことが、ありますか?
おそらくほとんどの女性が、日々ダイエット(diet)を意識していると思います。
食事の際はできる限りヘルシーな料理にしたり、おやつを我慢したりと必死でしょう。
サラダ(salad)をたっぷりと摂取する人も多いでしょうが、そのサラダ(salad)には何をかけて食べていますか?
そのまま何もかけずに食べるという人はあまりいないですよね。
必ず、ドレッシング(dressing)やお酢などをかけて食べていると思います。
かけるドレッシング(dressing)により、サラダ(salad)をヘルシーにするか高カロリー(calorie)にするかが、決められます。
ドレッシング(dressing)と言っても今では様々な種類が、ありますが、一体どれほどのカロリー(calorie)が、あるのでしょうか。
今回はよくスーパーなどで見かける三種類のドレッシング(dressing)のカロリー(calorie)を紹介しましょう。
まず、青じそドレッシング(dressing)。
サラリとしたタイプで、さっぱりとした味が、特徴です。
メーカーによりますが、大体5~20キロカロリー(calorie)が、相場。
ドレッシング(dressing)の中でも低カロリー(calorie)な、ヘルシードレッシング(dressing)です。
次に、中華ドレッシング(dressing)。
ごま油の風味が、香ばしい、食欲のそそられる味が、特徴です。
ごま油が、含まれているため、先ほど紹介した青じそドレッシング(dressing)よりは高め。
大体40~60キロカロリー(calorie)ほどになります。
次に、シーザードレッシング(dressing)。
こってりとした濃厚な味わいが、特徴です。
この味が、大好きな方も多いと思いますが、ドレッシング(dressing)の中では最も高め。
大体60?80キロカロリー(calorie)です。
ダイエット(diet)のためにサラダ(salad)を摂取するのなら、ドレッシング(dressing)はあっさりタイプを選ぶようにしましょう。