ダイエットスープの作り方・ダイエットスープとは

ダイエットスープ(Diet soup)というのは、あと1週間で外科手術が必要な人の為の減量法としてかんがえられた方式です。

栄養面からかんがえても1週間で完了するダイエットであって、1週間で効力が出るダイエットですのです。

大体個人差が有りますが、2~3キロから沢山人では8~10キロ減量出来るといわれています

今まだとしてもダイエットスープ(Diet soup)というものはありましたが、所謂野菜やキノコ等をいっぱい入れたスープで満腹感を獲得して、お食事のカロリー量を全体的に減らすというものでした

それによって低カロリーの野菜、キノコ、海藻等をいっぱい入れたもので、特に定め等も一切有りませんでした

しかしながら今ご案内のダイエットスープ(Diet soup)は、創り方や食すものに対して定めがきっちり決められています

満腹感はきっちり得られるので、空腹感に負け易い人にはおススメです。

またウエイトを落とすだけでなく、ダイエットスープ(Diet soup)で決められている野菜はデトックス効力も高く、体内に溜まった老廃物も排出する効力が有ります。

定めとしては糖質ダイエットになっていますが、スープをいくらだとしても食すことが出来るので、ノーマルの糖質ダイエットよりずっと続け易いとも言えます

そして1週間で終了するので努力もし易いと言えます。

また新陳代謝を高め痩せ易い体質を創るので、リバウンドの可能性が少なく、むしろ逆にダイエットが終了した後でも太りずらい体質にチェンジします。

そして代謝UPによって免疫力も高まり、風邪等ひきがたくなり、疲れずらい体を作ります。

これはかなり達成率が高いダイエットですので、今までどんなダイエットを試してもなかなか達成しなかった人リバウンドしてしまった人等には特におススメのダイエットです

そして他のダイエットみたいに食べられないという心理的負荷がわずかので、ダイエットにつきまとう空腹の辛さが有りません。

それによって1週間はアッという間に通り越してしまうでしょう

ただし、日々決められた定めによるお食事を守ることが重大です。

しかしながらお勤め等をしながらだとしてもスープのお弁当を持っていくこともでき、予想外に面倒なこともなくダイエットが出来ます。

またスープは色々な味付けでアレンジ出来るのであきることなく、自分の好みな味で食すことが出来るのも続け易いところではないでしょうか。

ダイエットスープの作り方・基本の作り方

ダイエットスープ(Diet soup)の創り方には定めが結構有ります。

そこで基本の創り方をご案内しましょう。

まず野菜スープが基本となってきますが、野菜はもともと生だとしても食べることが出来るため、煮込み時間に定めは有りません。

さっと火が通るくらいで大丈夫。

また時間がないとき等は電子レンジで作っても問題有りません。

まず野菜を適当な大きさに切ります。

このとき、大きさはおお好みですが、コンパクトな方が早急に火が通るといえるでしょう。

そして味を調えるだけで完了です。

たったこれ程ですので、かなり創り方は容易ですのです。

ではダイエットスープ(Diet soup)の創り方の定めをご案内します。

まずダイエットスープ(Diet soup)に投入する野菜は、“キャベツ”“タマネギ”“ニンジン”“ピーマン”“セロリ”“トマト”6種別と決まっています。

ただし、チェンジを行なうことが出来る野菜もあるのでご案内しましょう。

“キャベツ”→“ブロッコリー”、“タマネギ”→“ニラ”に、“セロリ”→“モロヘイヤ”や“ホウレンソウ”に、“ピーマン”→“パプリカ”や“ブロッコリー”に、“ニンジン”→“ホウレンソウ”や“カボチャ”に変更することが出来ます。

こんな風にチェンジ出来る野菜もあるので、嫌いなものをチェンジしたりあきないように組み替えてみるのもおススメです

トマトだけは替えられですので、トマトが得意ではない人にはちょっとアレンジが必要かも知れません

しかしながらトマトが得意ではない人でも煮てしてしまえば、予想外に大丈夫な人も沢山のではないでしょうか。

またジャガイモ、トウモロコシは糖質が高いので絶対に厳禁となってきます。

スープにあきてしまった場合には、味つけや除去の方式を変化させて食すようにしましょう。

除去した野菜を鍋に投入して、ひたひたより少しばかり多めの水にスープの素を投入して煮るだけ。

具材がソフトになったら、塩胡椒で最終的に味を調えてできあがりです。

冷めたものを冷凍することによって1週間分創り置きも出来ます。

ただし1回でまとめて創ると味に退屈してしまうので、冷凍にするのであれば薄味にしておき、後で味付けを替えてみるといいでしょう。

特に野菜の量は決まっていませんが、パッと見で同じぐらいの量がバランスが良いと言えます。

例えばタマネギ2個ならば、キャベツ約3分の1程度、ピーマンは約3,4個、セロリ1本程度、ニンジン約1本程、ホールトマト缶であれば約2缶、トマトなら約2~3個、ニラ約1束程度、カボチャ約3分の1程度、ブロッコリー1個程度、ほうれん草ならば約1束くらいとなってきます。