「最近食べすぎが連続していて、気づいたら腹部にしっかり脂肪が、付いてしまった…」
「昔と食習慣を何も変化させていないのに、みるみる余分なお肉が、たまってしまう…」
こんな、自分の体型に対しての悩みで頭を抱える女性は非常に多いのではないでしょうか。
ダイエット(diet)は女性の永遠の課題なんて呼ばれているほどですので、常に頭の中にダイエット(diet)の文字が、置かれていると思います。
脂肪を減らすには食習慣を変えるのが、最も効果的。
そこで、炭水化物をカットしてサラダ(salad)をたっぷり食べるようにする人が、多いと思います。
しかし、ヘルシーなサラダ(salad)にはある落とし穴が、あるのです。
実は、どんなドレッシング(dressing)をかけて食べるかで、低カロリー(calorie)なはずのサラダ(salad)も太るサラダ(salad)に変身してしまいます。
控えたいドレッシング(dressing)は、脂肪分が、たっぷりと含まれたマヨネーズやシーザードレッシング(dressing)といった濃厚なもの。
原材料表示において一番初めに書かれている物もあるほど、多くのオイルが使われています。
ダイエット(diet)をするのであれば、「ノンオイルドレッシング(dressing)」が、おススメです。
こってりしているシーザードレッシング(dressing)が、おおよそ80キロカロリー(calorie)程なのに対して、ノンオイルドレッシング(dressing)なら20キロカロリー(calorie)に抑えることが、できます。
これならたっぷりとドレッシング(dressing)をかけても、カロリー(calorie)を気にする必要はありません。
青じそドレッシング(dressing)やレモンドレッシング(dressing)など、あっさりとした味付けが沢山あるので、野菜をいっぱい取り入れることができてダイエット(diet)には効果がありますよ。

油ならオリーブオイルを摂取しよう

あなたはいつも、サラダ(salad)にどのような調味料をかけて食べていますか?
市販で売られているこってりとしたシーザードレッシング(dressing)やマヨネーズでしょうか、それともさっぱりとお酢をかけて頂いていますか?
かけるものは人それぞれですが、それによりサラダ(salad)をヘルシーにするか高カロリー(calorie)なものにするかが、決められてしまいます。
「ダイエット(diet)には油が、大敵だから、ドレッシング(dressing)もノンオイルのものにしよう」
と、青じそドレッシング(dressing)やレモンドレッシング(dressing)をかけて食べている方も多いことでしょう。
確かにカロリー(calorie)はぐっと抑えられますが、オイルが、敵というわけではありません。
なんと、ダイエット(diet)に効果的なオイルが、あるのです。
それは、「オリーブオイル」。
どこのスーパーにも置いてある、たいへん身近な食用油の一つですよね。
独特の爽やかな香りや味が魅力的なオリーブオイルですが、実は身体の脂肪を排出してくれる作用が有ります。
腸のぜん動運動も促してくれ、便秘解消にもおすすめ。
オリーブオイルを毎日摂取するだけでポッコリお腹が、改善されたという声が、いくつも寄せられています。
さらには美肌にも効果的なんです。
オリーブオイルにはビタミンEという栄養分が、豊富に含まれており、アンチエイジングもできます。
ビタミンCと摂取することにより効果が、高まるので、サラダ(salad)にレモン汁をかければ美肌サラダ(salad)に大変身です。
頑なにオイルを避けていては、便秘の元にもなりかねません。
これからは、ぜひサラダ(salad)にオリーブオイルをかけるようにしてみてください。